株式会社Techouse(テックハウス) クラウドハウス株式会社Techouse(テックハウス) クラウドハウス
導入事例

年間採用コスト約1/5に!若手求職者へ訴求するInstagramやYouTubeなどの
コンテンツとも連携し、自社HPで独自の採用戦略を構築

採用
業種:
小売
課題(目的):
応募数増加コスト削減
会社名
株式会社コープムービング
ホームページ
https://www.coop-moving.co.jp/index.html
採用ページ
https://coop-moving.omros.jp
従業員
1200名
生活協同組合コープこうべの100%子会社として、1967年に設立した株式会社コープムービング。「届ける笑顔、つなぐ安心」をモットーに、コープこうべのお客様に安全・確実・丁寧な商品やサービスの提供を、物流の面から支えています。

そんな同社は、組織の成長に合わせ、毎年多くの年間予算をかけて採用を行っており、費用対効果の向上や応募者の高齢化、応募の母集団形成に対する課題感を抱えていました。

今回は、採用担当の柏木伸介さんに、クラウド⾃社採⽤HP制作サービスである「クラウドハウス採用」を導入した背景や、使用後の変化などについて伺いました。
目的
  • 採用コストの削減や費用対効果の向上
  • 若手求職者数の応募の母集団形成
効果
  • 1/5まで採用コスト削減に成功
  • InstagramやYouTubeなどを「クラウドハウス採用」に連携させて効果アップ

50年以上続く物流企業。中途入社の社員が大半

まずは御社がどんな会社か教えてください。

創業100年の歴史がある「生活協同組合コープこうべ」の子会社として主に物流業務を担っています。コープこうべと契約する主に兵庫県神戸市エリアのお客様へ荷物をお届けする、宅配スタッフや物流センターのスタッフなどを多く抱えている会社として、50年以上事業を行ってきました。また、物流以外にも、介護福祉用具のレンタルやリサイクル事業、印刷事業などを展開しています。

柏木さんは御社でどんな役割を担っているのでしょうか?

私は約15年前に中途で入社し、最初は配送など現場の仕事を経験していました。その後、管理職になり、2021年から人事部で採用を担当しています。

採用に携わったからには、自分が可能な限り1つひとつの採用手法を見直し、採用面から会社をより良くすることに貢献できたらという意気込みで働いています。

どんな社員の方が多い会社ですか? また、採用する方の傾向などもあれば教えてください

私もそうですが、中途入社の社員が大半を占めているのが大きな特徴です。明確な採用基準は設けてはおりませんが、最初は体を動かす業務が多いので、心身ともに健康で前向きな考え方をできる人が向いているかもしれません。例えでよく言うのが、「うちは働きながらダイエットができる」と。半分冗談ですが、現場仕事は汗をかきますからね(笑)そんなポジティブ思考ができる方は歓迎です。あとは、物流という仕事柄、自動車の免許が必須なことくらいで、いろいろな方が働いています。

また、採用を強化する一方、社員の定着率を上げるための施策も積極的に行なっており、最初は配送といった現場仕事から慣れていくことがほとんどですが、個人の頑張りが確実に評価され、スピーディーにキャリアアップできる環境を作っています。

採用にかかる費用削減のために「クラウドハウス採用」を導入

御社の今までの採用における課題があれば教えてください

常に人材不足の状態で、採用をし続けて人材を担保しなくてはならない状況にあったため、有料の求人媒体にかける費用が膨らんでいました。

特に大手求人媒体を中心に配送ドライバー職の記事掲載を積極的に行っていましたが、採用難が続き、応募が集まらなくても数百万単位の掲載を行っており、それも通年出稿だったことから、金額が大きい割に効果を感じられていないことが課題でした。

さらに、応募者の高齢化に伴い若い方の採用が難しく、選考中の離脱や入社後すぐに離職してしまう方も多かったのです。求人媒体では他社さんの求人情報と横並びで情報が並んでいるので、勤務地などで検索して条件が合えば弊社の仕事内容の理解が浅い状態での応募というのもあったと思いますし、もっとコープムービングとはどういう会社なのかを伝えたいのに、その方法がわからないもどかしさも感じていました。

そんな課題感を持ちながら「クラウドハウス採用」を導入したきっかけを教えてください。

2019年頃でしょうか。展示会で「クラウドハウス採用」のことを知り、採用にかかるコストを少しでも削減できるのではと思い興味を持ちました。若い方であればスマホで求人を探す時代ですし、Indeed/Googleしごと検索など各求人検索エンジンと連携して採用対策ができ、自社発信で自由にコンテンツが作れるサービスということで導入を決めました。

また、「クラウドハウス採用」なら求人記事を作成し公開しているだけの状態なら、追加費用0円で掲載できますし、特に注力したい求人にのみ有料広告出稿を行うなど、自社の採用状況に応じて臨機応変に運用できるので、無駄な費用が発生しにくいとも感じたのです。

 実際に「クラウドハウス採用」を使ってみてどんなところが良かったですか?

いろいろ良い点がありました。以下にまとめると……

■費用対効果
配送スタッフの求人を中心に有料広告出稿を行いながら、広告効果を最大化できるよう、採用ぺージに求職者向けのコンテンツをたくさん掲載しました。結果、課題であった採用コストを約1/5に大幅削減ができて大満足です。

■応募経路の変化
導入して1年が経ちましたが、Googleなどの総合検索エンジンからの流入が増え、そこからの応募数が増えました。導入当初は有料広告を経由して採用サイトへ流入してくる方がほとんどだったので、やはり自社採用ページがあると、コンテンツの拡充に伴いジワジワと効果が上がってくるのはいいですね。

■多種多様な採用コンテンツの掲載
応募を検討している方々に向けて、多種多様なコンテンツを提供できることに魅力の1つです。
媒体掲載を行っていた時は、文字数制限や掲載写真の枚数制限などとにかく制限が多く、なかなか狭い枠の中でBtoB向け事業を丁寧に説明するのが難しかったです。「クラウドハウス採用」では求人ぺージに記載できる文字数や枠数、画像数も無制限ですし、動画も掲載ができるので、今まで伝えきれなかった事業や仕事内容の説明をイメージしやすい状態で紹介できるようになりました

例えば、公式InstagramやYouTubeと連動するなど、求人広告の決まりきったフォーマットではなく、自社採用ページだからこその情報発信ができることも利点だと思います。
 
■カスタマーサクセス担当のサポート
カスタマーサクセス担当の方が本当に素晴らしかったです。可能であればずっと弊社の専属でお願いしたいくらい(笑)細かなところへの気づきやアドバイス、そしてスピーディーな対応がまさに痒いところに手が届くといった感じで今もサポートいただいています。また。定期的に採用戦略の勉強会などを開催してくださることも助かっています。

求人や求職者を管理する管理者ページの使い方などはいかがですか?

最初から何の問題もなく簡単に使いこなせています。管理画面から知りたい情報をソートして取り出したり、求職者に送るメッセージのテンプレートが充実しているのもいいですね。あと、私が管理者として気に入っているのは、求人の上げ下げを管理画面から自分たちでできるところですね。求人サイトであればテキストの修正や求人を下げる場合など、担当者に相談して、タイミングを待って、時には修正が有料オプションで対応だったりと面倒なフローがありましたが、「クラウドハウス採用」はそこを自社でスピーディーに追加費用もかからずできるのが良いですね。

自社HPをリニューアルして採用ブランディングにも注力

「クラウドハウス採用」を便利にご利用されていることが伝わってきました。逆にここが使いづらい、こんな機能があればいいなどはありますか?

採用戦略の見直しを検討しています。具体的には、費用対効果の悪い求人媒体の使用をやめて、「クラウドハウス採用」に一本化することが理想だと考えています。欠員した場合にどうしても短期でスピーディーに採用が必要な配送スタッフなどの求人もあるので、その場合は有料広告の出稿をするなど、費用対効果やシチュエーションをしっかり考えて採用手法を選んでいきたいです。

また、コーポレートのHPをリニューアルし採用ブランディングに注力することで、応募や採用のミスマッチを減らしていくことも目標です。今後は求職者の方に「クラウドハウス採用」を入口にしてHPを見ていただき、そこで興味を持って応募してもらえたらと思っているので、より魅力あるものにブラッシュアップしていきたいですね。

こういった施策がうまく回れば、採用広報に割く時間が削減できて、今いる社員の働きやすい環境づくりなど定着率向上施策にももっと対応できると思っています。

まさに人事として本質的な仕事にリソースを割けるのは理想ですね。本日はありがとうございました!

人事・労務に関して
お悩みの方は
ご相談ください。

お悩みごと、不安なこと、お気軽にご相談ください。
専門スタッフがさらに詳しく
サービス内容についてご説明します。